CSPM|クラウドセキュリティポスチャ管理

Decrypt the history. Encrypt the future.

クラウドセキュリティポスチャ管理 (CSPM)

世界のクラウドセキュリティポスチャ管理 (CSPM) の市場規模は2020年の40億米ドルから、14.4%のCAGRで推移し、2026年には90億米ドルの規模に成長すると予測されています。
ミスコンフィギュレーションの増加、セキュリティツールやプロセスの不足などの要因が同市場の成長を推進する見通しです。機械学習、IoT、ビッグデータアナリティクス、AIを組み合わせたマネジメント手法が開発されています。

1

ミスコンフィギュレーション

Azure、AWS、GCPなど開発環境やインスタンスが乱立される中、人間が全ての設定を正確に実行することが不可能になってきている。

2

セキュリティツール不足

コンポーネント、コンテナ、APIを複合させてシステムを構築するという現代型のアジャイル開発モデルでは旧来のような機器別の脆弱性診断が通用しない。

3

プロセスの不足

グループIT資産を正確にすべて把握することは人間の能力では限界となっている。端末、ハード、ソフト、ネットワーク、ログツール、監視ツール、セキュリティツールなど、全てのバグ対応やパッチ適用をスケジューリングすることが困難。